バリフは通販で購入することができるレビトラジェネリックです。効果、副作用、服用方法も紹介

バリフは即効性と価格で人気のレビトラジェネリック

バリフ

バリフはED治療薬でアジャンタファーマ社が製造、販売しているレビトラのジェネリック薬品となっていてます。

レビトラと同じバルデナフィルという成分が主成分となっていて、バイアグラ系の物やシアリス系の物にくらべて即効性に優れていて、服用から15分程度で効果があらわれといわれています。勃起持続時間は4時間から8時間くらい効果があると言われていてます。また、食事やアルコールの影響を受けにくいとういう特徴があり、大変人気の商品となっております。

バリフの先発薬レビトラについて

レビトラとはドイツの製薬会社のバイエル薬品が開発したED治療薬です。
主な成分はED治療に効果があると言われているバルデナフィルを使用しています。レビトラはバルデナフィルを使用したED治療薬として始めて作られた薬なので、バルデナフィルを使用した先発薬となっており、他のバイアグラ、シアリスと共に3大ED治療薬と言われています。

レビトトラは他の2つの薬と違い、水に溶けやすいという特徴から即効性に優れていて、服用してからだいたい10分から15分程度で効果が現れます。また、持続性に関してはだいたい4時間から8時間くらい持続すると言われています。また、他の二つの薬にくらべて食事の影響を受けにくいことや、アルコールの影響も受けにくいという特徴があります。

ただ、やはり薬なので適度な食事と適度なアルコールを心がけないとしっかりと効果が現れないでしょう。やはり、しっかりと効果が欲しい場合は空腹時に使用するようにしましょう。

バリフの効果

錠剤の薬

バリフはレビトラのジェネリック薬品ですので、主な成分はバルデナフィルとなっております。
このバルデナフィルはED治療に効果があるとされていて、レビトラや、そのジェネリック薬品でよく使用されている薬品となっております。また、水に溶けやすいという特徴があるので、服用ごすぐに効果があらわれて、だいたい10分から15分ほどで効果が現れ始めます。これは他のバイアグラや、シアリスといったED治療薬と比べるかなりの即効性があります。ただ、完全に効果が出るのはだいたい1時間後となっています。

持続時間は4時間から8時間となっています。また、食事の影響を受けにくく、アルコールの影響も受けにくいという特徴もあり、他のED治療薬と比べるとかなり使い勝手のよい薬だと言えます。しかし、あまり脂の強い食べ物を食べてしますと効果が落ちたり、お酒も飲みすぎてしまうと効果が落ちてしまいます。適度な食事にするか、やはり空腹時に服用する方がいいと言えるでしょう。

短時間で効果を発揮するバリフ

バリフの特徴でも触れていますが、バリフの一番の魅力は即効性があることでしょう。他のバイアグラ系の薬か、シアリス系の薬と比べるととても即効性に優れていて、服用後すぐに効果が表れます。

バリフにはバルデナフィル塩酸塩とい薬が主な成分となっていて、このバルデナフィル塩酸塩がとても水に溶けやすいという特徴を持っているから他の薬にくらべて即効性に優れているのです。この特徴から、服用してから胃で溶けて体内に吸収されるまでの時間が非常に短く、すぐに効果が表れるということなのです。

効果に関して様々ありますが、服用をしてから早い人で10分程度で効果が現れる人もいてとても使い勝手がよく、また、だいたいは30分とたたずに効果が発揮されるので多くのリピーターを生んでいます。効果がもっとも発揮されるのはだいたい1時間後くらいなので、だいたい1時間前くらいを目安に服用をし、しっかりと効果が出るようにしましょう。

バリフの副作用

副作用

バリフは他のED治療薬と比べて即効性が高く、食事の影響も受けにくいという特徴からかなりの人気商品となっていて、たくさんのリピーターを獲得しています。しかし、やはり薬ですので副作用も存在しています。ではどういった副作用があるのでしょうか?

バリフの副作用は主に頭痛、顔のほてり、消化不良、めまい、鼻づまりといった症状が確認されています。特によく聞くのは顔のほてりと頭痛です。

副作用が現れた場合はしばらく様子を見た方がいいでしょう。しかし、せっかく買った薬で副作用の症状が現れたからといってすぐに合っていないと判断するのは早いです。頭痛の場合はバリフの副作用ではないといった場合もよくみられ、服用して頭痛が現れたからバリフの副作用だと安に決め付けずに、自分の体調なども考えて、冷静に判断した方がよいでしょう。また、効果もそうですが、副作用も人によってはとても重く現れる場合もあります。

自分の体質に合っているかしっかり判断しましょう。また、あまりに副作用が強い場合は服用を止め、医師に相談しましょう。しかし、バリフは口コミ等を見る限りでは比較的副作用が軽いという意見が多くでています。この副作用が軽いというところもバリフが人気商品であるという理由のひとつかと思います。

バリフの服用方法と注意点

医者の処方

せっかくED治療薬を買ったんだからしっかりとした効果を得ていい思いをしたいですよね。では、どのように服用すると効果的に効果をえることができるのでしょうか?

バリフはバルデナフィルの特性通り即効性がある為、行為の30分くらい前に服用することで効果が得られます。しかし、完全に効果が現れるのは1時間後とされていますので、行為の30分から1時間前くらいのタイミングで服用するのがいいと思います。
また、食事の影響を受けにくいといった特性があるので、彼女とデートに行き、ちょっと食事を取ってからホテルに行く前に飲んでおくくらいでちょうどいいのではないでしょうか。

しかし。食事の影響を受けにくいとはいいますが、やはり薬ですのでまったく影響ががないわけではありません。しっかりと効果を引き出したいのならばやはり空腹時に飲むのが一番効果的に効果を得ることができます。

また、アルコールに関しても一緒で、あまり影響を受けないと言われていますが、やはりアルコールを飲み過ぎている場合には効果が半減してしまいます。また、グレープフルーツ等薬の効果に影響が出る飲み物や食べ物等もあります。

ちゃんとした知識があればせっかく買った薬も無駄にすることなく使用することができのですね。食事もアルコールも適度にしつつ、悪影響がありそうなものは避けて、服用の時間を考えてしっかり効果を引き出すことで、楽しいひと時を手に入れましょう。

食事の影響

バリフは食事の影響を受けにくいという特徴がありますが、やはり薬ですので、全く影響が無いというわけではありません。特に脂っこい物を食べた時には影響がでてしまい、しっかりと効果を得ることができません。

バリフを使用する場合は焼きや中華料理等脂の強い食べ物はさけて、比較的軽い食事を心がけましょう。また、アルコールも適度ならばそんなに影響はでませんが、酔いが感じられるほど飲んでしまうとしっかりとした効果を得ることができません。食べ過ぎ、飲み過ぎに注意しましょう。

併用禁忌

バリフも薬ですので、併用すると危険な物もあります。以下の薬はバリフと併用すると危険な薬品となります。絶対に併用しないようにしてください。
現在使用している薬があり、不安がある場合は必ず医師に相談をしてから併用するようにして下さい。確認をして安全に使用しましょう。

硝酸薬

  • ニトログリセリン
  • ニトロダーム
  • ニトロペン
  • ミオコールスプレー
  • ニトロール
  • フランドル
  • アイトロール
  • シグマート
  • ハイパジールコーワ
  • ニトプロ

抗ウィルス薬

  • HIV治療薬
  • ノービア
  • レイアタッツ
  • フォートベイス
  • カトレラ
  • ブリジスタ

抗真菌薬

  • イトルゾール
  • ケトコナゾール
  • クラスIA抗不整脈薬
  • クラスIII抗不整脈薬
  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬

併用注意

併用禁忌の物を説明させて頂きました。
併用禁忌の物は必ず避けるように気を付けて下さい。

では、併用禁忌とまではいかないものの注意をした方がいいものはどんなものがあるのでしょうか?

バリフと合わせるとよくない物にグレープフルーツ等の柑橘類があります。
グレープフルーツにはフラノクマリン酸が含まれており、この成分により体内の影響を強めてしまい、強い副作用を引き起こしてしまうのです。また、グレープフルーツ以外にも以下のように注意が必要なものがあります。

  • 夏みかん
  • レモンの皮
  • スウィーティー
  • ライム
  • ザクロ
  • 山ブドウ

やはり、柑橘系が多いですね。
バリフを使用するときはこういった食べ物を避け、服用する日は摂取を避けることをおすすめ致します。

バリフゼリー

バリフゼリー

先ほどの説明でもあるようにバリフに含まれているバルデナフィル水に溶けやすいという特徴からとても吸収が早く、効果が現れるのが早い薬です。そのバリフには錠剤ではないセリータイプの物もあります。

名前はそのものバリフゼリーです。

バリフゼリーはやはりゼリータイプなので錠剤のバリフよりも吸収が早く、とても早く効果を得ることができることが一番の売りです。また、錠剤と違って水を必要としないのでいつでも気軽に飲むことができて、とても便利な薬です。

そしてバリフゼリーはなんと!7種類フレーバーが付いていてとても飲みやすくなっています。フレーバーはストロベリー、オレンジ、バナナ、パイン、ブラックカラント、バタースコッチ、ミントです。

また、一つ一つ小分けにされているのでピルケース等を必要とせずに気軽に持ち運ぶことができ、デートや旅行の時に持っていくのにピッタリ。見た目も小分けにされたチューブタイプなので薬を持っている感じもしなく気軽に楽しむことができます。

効果や副作用、併用禁忌のものは錠剤のバリフと同じなのでバリフの紹介ページをご覧いただければと思います。
錠剤よりちょっと高めですが、即効性と手軽さ、オシャレさで他の人と差を付けるのならばバリフセリーですね。

バリフの購入方法

医薬品を購入

バリフは他のバイアグラ系やシアリス系の薬より即効性があったり、食事の影響を受けにくかったり、アルコール飲んでもちゃんと効果があったり、ゼリータイプがあったりと、とても魅力がある薬です。

ではどこで購入ができるのでしょうか?

まず、薬なので医療機関での購入を思い浮かべると思いますが、なんとバリフはまだ日本では未認可のジェネリック薬品ですので医療機関に行っても手に入れることができません。

じゃあどうすれば手に入れることができるのか?

ここで出てくるのが、個人輸入代行サイトです。

個人輸入代行サイトは日本では薬事法上販売できない海外の薬を個人で輸入したい人向けに、輸入の手続きを代わりにやってくれるサイトです。
薬は個人で輸入して使う分には違法にはならないので、様々な薬をこの個人輸入代行サイトで手に入れることができます。
中には薬事法上輸入禁止の成分もあるので、いくら欲しいと思っても個人輸入ができない商品もあります。

では、バリフはどうかというと、薬事法で輸入禁止の成分は使用されていないので、この個人輸入代行サイトから購入することができるのです。
バリフゼリーも同様で個人輸入代行サイトから購入ができます。
また、バリフは医療機関で購入はできませんが、通常医療機関を通して買うと非常に値段が高くなります。
個人輸入代行サイトで買うと非常に安価な値段で薬を買うことができるのでお財布にもやさしいサイトとなっているのです。

海外通販の注意点

個人で薬を輸入するのはちょっとハードルが高いですよね、そんなときに利用するのが個人輸入代行サイトです。
英語が喋れない人でも気軽に購入することができます。しかし、この個人輸入代行サイトは通常の通信販売サイトと違う部分があり、しっかりと把握しておくことが必要です。

基本的にすべて自己責任

個人輸入代行サイトは購入者の代わり輸入の手続きを変わりに行ってくれるサイトですが、商品の品質や効能、副作用などの被害に偽物等の保障はしてくれません。あくまで個人の責任での購入となります。

振り込み後のキャンセルができない

だいたいの個人輸入代行サイトは振り込み後キャンセルができません。またクーリングオフも適用されないのでご注意ください。

個人輸入で買った薬は販売や譲渡できない

医薬品の個人輸入はあくまで自分で使う薬を購入する形になるので、販売目的や、友達にあげたりすると違法行為となってしまいます。

商品が届かない

国際郵便書留での配送が多く、だいたい5日から14日くらいかかります。 また、ほとんどの場合保管切れや宛て所不明で海外に返送された場合に再配達や返金の対応を行ってくれません。

偽物がある

怪しいサイトだったり信用性のないサイトで購入するとうっかり偽物をつかまされる場合もあります。
注意点をしっかり理解して、安全に個人輸入をしましょう。

バリフまとめ

たくさんのピル

バリフはED治療薬としてはバイアグラ系やシアリス系と違い、即効性が高く、食事の影響やアルコールの影響も受けにくい、とても便利な薬です。しかし、やはり薬なので体に色々な影響を及ぼします。

併用してはいけない物をしっかりと把握して使用しましょう。把握ができていないと、とても大きな被害を受ける場合があります。また、手に入れるには個人輸入をしないと手に入りません。インターネットでは様々な情報が流れています。信頼性のある個人輸入代行のサイトを見極めて、安全な取引をしましょう。個人輸入はあくまで自己責任です。注意点をしっかりと把握し、お金を払ったのに賞金を受け取ることができなかった等、自分に損がないように行いましょう。