TOP > ED(勃起不全)の治療法

ED(勃起不全)の治療方法を紹介。治療薬、ICI(陰茎海綿体注射)、ED1000(勃起不全衝撃波治療)詳細もあります。

ED(勃起不全)は治せるということ

ガッツポーズ

普段不摂生が祟ってかEDになってしまった、仕事でストレスが溜まり過ぎて最近楽しく性行為ができない、歳のせいかちゃんと起たなくなってきた、そんな悩みを抱えていいらっしゃるも多いと思いますが、基本的にはEDは治る病気です。EDの治療法には大きく分けて3つあります。

■薬による治療

もっともポピュラーな治療方法は薬による治療です。基本的には医療機関に診察に行き、薬を処方してもらいますが、今では個人輸入代行サイトで気軽に個人で購入することができます。

■薬以外での治療

これはICI治療という陰茎に直接注射うつことで勃起させる治療と、ポンプを使用する治療

■生活習慣からの治療

生活習慣からくるEDも最近では多くみられています。健康的に生活をすることでEDを克服し、心身ともに健康を目指しましょう。
このように様々な要因からなるEDにはその原因を知ることで原因を取り除き、EDを治すことができます。

ED治療薬による投薬療法

男性の皆さんは、加齢や精神的な疲労、抑うつ状態などによりED、つまり勃起障害(勃起不全)を起こす場合があります。

症状は人それぞれで、緊張で中折れしてしまったり、うつ病や過度のストレスから勃起しづらくなったという心因性のものから、糖尿病や心疾患、高血圧などの血管系障害といった病気が起因となる器質性のもの、そして降圧利尿薬や降圧剤で影響を受ける薬剤性という3つの原因でEDに見舞われます。そこで、どの原因にも効く薬として登場したのが「バイアグラ」です。

この薬剤名を成人男性ならば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。そのバイアグラは「ED治療薬」の一つで世界で一番最初に開発・発売されたED治療薬ですが、何故どの原因にも効くかというと、EDの「性的に興奮しても勃起を終わらせる酵素ホスホジエステラーゼ5の過剰分泌」という過程に注目し、原因酵素のホスホジエステラーゼ5を抑制&分解するメカニズムがバイアグラにあったためなんですね。

ED治療薬とは、勃起障害の改善を図る治療薬ですが、現在は3つのED先発薬があります。先発薬とは数億から数百億という巨額の開発費をかけて研究・開発した最初に登場した薬という意味ですが、まずED治療薬の先発薬3つの特徴や開発経緯などをご紹介したいと思います。

まずバイアグラは、なんと1998年の春に、米国で発売が開始となると同時に瞬く間に大ヒットを遂げたED治療薬となりました。まだ登場して20年弱しか経っていないとは思えないほど現在では有名になり、3つの中で最も強力な勃起硬度を得られる薬としても引き続き人気ですね。元はこのバイアグラは狭心症治療薬として研究されていたというのですから驚きですが、薬の開発途中に副作用として違う効果・効能が発見され、異なる目的の治療薬として、別名で認可されるというのは良くあることのようです。

続いて登場したのが、レビトラです。レビトラはバイアグラが食事の影響を受けると効果が減退するという欠点を改善するべく開発されました。それに加え、バイアグラとシアリスより水に溶けやすい化学式構造のため15~20分で効果を発揮できるという即効性に特化しつつ、それでいてバイアグラより副作用がマイルドという点で優れており、日本で人気があるED薬です。特に日本が開発国ではないために海外から個人輸入するという形が最初は一般的で、現在でも通販で輸入する人は後を絶ちません。そんな中、レビトラのジェネリックで価格が1/3のバリフも大ヒットを続けています。

そして、最後に登場したシアリスですが、これは、なんといっても最長の持続時間が有名ですね。どれが自身に合うのか、色々試した方もこれから色々試すという方も、三種三洋の特徴を知って、お使い頂くとここぞというデートや、長期旅行ではこれ!というような使い分けもできていいかもしれませんね。

ICI治療

勃起しづらい、中折れする、オナニーでは問題ないのに現実の彼女を前にすると勃たないなどの勃起不全を病院で治療する場合は、ED治療薬とカウンセリングが第一選択とされ、それが無効であれば、陰圧式勃起補助具や陰茎海綿体自己注射が適応となります。処方している医院は、泌尿器科や美容クリニックで自費診療をしている医療機関となり、診察料や薬代は保険が使えないものとなります。

現在、医療機関で販売しているED治療薬は、バイアグラ、シアリス、レビトラの3つの先発薬ですが、1錠で1300円~1800円という高額なものです。しかし、それに加えて、日本の製薬会社が製造・販売しているバイアグラジェネリックがあり、武田テバ株式会社、キッセイ薬品工業株式会社、富士化学工業株式会社等で、いずれも50mg1錠980円という安い価格で処方を受けることができます。また通常、処方箋薬は調剤薬局で購入しますが、ED治療薬は、日本において殆どが院内販売が可能なようです。

最後に、薬が効かなかった場合、最終的な対処法として陰茎海綿体自己注射があります。しかしこの注射は国が認可していないため、大学病院の治験で、器質性患者へのみ行われています。東邦大学医療センターが実施したテストでは糖尿病性EDの患者さんには有効かつ安全な治療法であるとの認識に至ったようです。未来に期待が広がりますね。

ED1000

ED1000とは、勃起不全衝撃波治療の事を指します。ED(勃起不全)を根本的に改善する機械を使用した治療方法になります。お薦めできる方は、心臓や脳などに持病があってED治療薬を飲む事が出来なくてED治療を出来なくて悩んでいる方にお薄目です。

対象年齢も40歳~70歳までと幅広く、治療器と言っても低出力の為、痛みなどはありません。男性器に20分程度の衝撃波を与え、これを何回か通い、治療完了となります。その為、通院費等のコストは40万~50万と高額出費となります。

EDの治療法まとめ

青空

多くの男性が悩むED治療(勃起不全)ですが、様々な種類の方法などが有ります。ご自身の生活水準に合わせた治療方法をお薦めします。お金を沢山稼いで生活に余裕がある方は診療して治療するなどの方法がありますが、大金は払えないけど、今すぐじゃなくて時間がある方には個人輸入代行サイトを利用して、なるべく安くED治療薬を入手しましょう。
後悔する前に行動して悩みを解消して楽しい日々を過ごしましょう。