TOP > ED(勃起不全)について

ED(勃起不全)の症状、原因、治療方法、EDにならない対策などを詳しく紹介しています。

ED(勃起不全)とは

男としては年を取ってくるとやっぱり気になり始めるのが勃起の話ではないでしょうか?以前ではインポと言われていたと思いますが、今ではED不全と言われています。日本語では勃起障害、勃起不全と言われていて、高齢者だけでなく、若者でもなってしまう人がいるという病気です。

そもそも勃起とは2パターンあり、まず心理的な刺激を受けたことで、脳が勃起をさせる為に陰茎部に血液を海綿体に流れ込ませてその血圧によって陰茎が勃起を起こすパターンと、物理的に刺激を与えることで、勃起中枢が刺激され、海綿体に血液を流れ込ませて血圧により勃起をさせるパターンとあります。ED不全の場合はこの脊髄反射により行われる勃起がなんらかの要因により邪魔をされ、中途半端に勃起をした、行為の途中で中折れしてしまったり、全く反応しなかったりします。

こういった症状をED不全とよびますが、よく年を取るとなるといわれていますが、最近では若い人でも普通にかかってしまって困っている人が多くみられます。そういった場合はだいたいは心的要因、ストレスから来るものです。

ストレス等を改善しないと治りません。また、生活習慣の乱れ、タバコやアルコールを大量に摂取するなど、色々な原因でなります。しかし、近年ではED不全を解消する薬が開発され販売されています。医療機関に相談をし、薬を処方してもらえば勃起力を高めてちゃんと行為をすることができます。恥ずかしがらずに、まずは相談してみましょう。

EDの原因

うつむく人

やっぱり男だったらEDになるのは避けたいですよね?ではEDにはどういった症状があるのでしょうか?
大きくわけると3つの要因があります。

■器質性ED
■心因性ED
■薬剤性ED
器質性EDとは?

基本的には年齢によって起こる症状で、多くの人はこのタイプではないでしょうか?

心因性EDとは?

近年の若者の間で増えてきているEDのタイプがこの心因性EDになります。
このタイプは特にストレスによる物が多く、昨今のストレス社会が影響しているかと思います。

薬剤性EDとは?

あまり聞きなれないタイプのEDかと思いますが、薬の副作用によりEDになる人も多く、アメリカでは多くの人がこの薬剤性EDにかかっているという統計となっております。

基本的にはこの3つが原因となりEDになります。それぞれ違った原因、要因があるので、それぞれにあった対策、治療を行っていかないと症状は悪くなる一方なので現在の自分とちゃんと向き合って症状の改善を目指しましょう。

EDの治療方法

医師のイラスト

ED治療となりますとやはり始めに考えるのは薬を購入しようと考えるのではないでしょうか?今だと個人輸入代行サイトから手軽にED治療薬を購入することができます。しかし、自分に合っている薬かどうかがわからない為、せっかく買ったのに効かないといった場合もあります。そうならない為にはやはり医療機関に相談することをオススメします。

特に原因は様々あるのでしっかりと医師に相談をして、EDの原因をしっかりと理解をして、それにあった治療をうければ早期の改善が行われるのではないでしょうか?薬を処方する以外には陰茎に直接注射を行い勃起させる方法や、ポンプを使い圧力をかけることで勃起させる方法などがあります。どちらも効果はあるのですが、注射の場合は医療機関に行かないといけないですし、ポンプの場合は痛みを伴うことや、行為の前にポンプを使うのは面倒ですよね。やはり一番人気は薬による治療です。一度相談してみてはいかがでしょうか?

EDにならないためには

走る男性

EDもなってからだと治療を行ったり、薬を服用したりと大変ですよね?やはり、なる前に予防をしてならないように努める方がいいですよね。EDの予防に繋がるものは生活習慣に起因しています。日々の食生活の乱れや、運動不足、お酒の飲み過ぎ、喫煙といった不健康な行いや日々のストレスによりEDになっていきます。

■適度な運動を行うこと
■食事も野菜や魚等ビタミンやミネラルが多く含まれる食じを取ること
■お酒を飲み過ぎない
■タバコを控える

また、ストレス性のEDも近年では増えてきています。仕事のし過ぎでストレスを為過ぎないようにし、ストレスを発散するように努めて抱え過ぎないようにしましょう。やはり、日々の生活習慣の乱れ、心のバランスの乱れによりEDにかかってしまいます。今の生活習慣大丈夫ですか?生活習慣の正して、心身ともに健康を保つように努めることでEDになってしまうことを未然に防いで楽しいナイトライフを手に入れましょう。