TOP > レビトラ

レビトラの効果や副作用、飲み方について詳しく紹介。通販で安く購入する方法も教えます。

レビトラは即効性で人気の第2のED治療薬

レビトラ

ドイツにある製薬会社のバイエル薬品という会社がありまして、この会社がバルディナフィルを主な成分としたED治療薬のレビトラを製造、販売しています。
レビトラは先発薬のひとつで、他にはバイアグラとシアリスがあります。日本で認可されている薬のうちの一つです。レビトラは他の2種類の薬に比べて即効性があることが有名で、20分~30分くらいで効果が現れます。早い人だと15分くらいだそうです。また、食事をしたり、お酒を飲んだりしても効果があるようで、デートの時等にとても便利だとしてとても人気のある商品となっております。ちょっとした時間に服用しておけばすぐに効果があるのでとても便利ですね。

レビトラの効果・特徴

筋肉のイラスト

ドイツのバイエル薬品が製造、販売している薬がレビトラです。

レビトラは3大ED治療薬の一つで、他の二つと比べてとても即効性に優れています。だいたい30分くらいで効き目が現れてきます。早い人だと15分くらいで効いてくる人いるというくらい早く効果があります。またレビトラは食事をとっても効果が現れるという特徴があります。

通常は薬なので空腹時に飲まないとなかなか効果が現れないのですが、なんとこのレビトラは食事を取っても効果が出てくるのです。だからといってあまり食べ過ぎたり、脂っこいものを食べてしまうとさすがに効果が現れなくなってしまうので注意が必要です。また、お酒を飲んでも効果を得ることができるでレストランで軽く食べて飲んでからでもしっかりと効果が発揮されます。

この様に、他の二種類の薬と違い即効性があり、食事やお酒を飲んでもしっかりと効果を得ることができるというレビトラ。他の薬にないこの特徴があるのでとても人気があり、多くのリピーターを抱えています。ホテルに行く前にこっそり飲むとか、ホテルのトイレで飲んでもすぐに効果があるので、変に時間を気にしたりして相手ばれずに服用ができるのでとても便利ですね。

即効性のレビトラ

レビトラの一番の特徴はやはり即効性の高さでしょう。レビトラは服用をしてから15分から30分くらいで効果出てきます。他の2つの薬と比べても半分くらいの時間で効果が出てきます。なので、ちゃんと時間を図って飲む必要性がなく、ちょっとした隙に服用をして行為に進めばタイミングよく効果を期待することができます。

ではなぜレビトラだけ即効性に優れているのでしょうか?レビトラに含まれている主成分はバルデナフィルという成分で、このバルデナフィルに秘密があったんです。バルデナフィルにはなんと非常に水に溶けやすいという特徴を持っていて、服用後すぐに溶ける為、体への吸収も早く、すぐに効果が出てくるということなんですね。この即効性がレビトラの最大売りですね。

レビトラの早漏抑止効果

レビトラは基本的には勃起不全の解消の薬で、特徴としては即効性があり、食事やアルコール影響を受けずに効果を手に入れることができる薬です。実はレビトラにはもう一つ別の効果があるそうです。これはレビトラの説明書等にも記載はされてはいないのですが、レビトラを使用した人たちが早漏改善効果があったと言っているそうです。

レビトラの主な効果は勃起不全の解消ですが、薬で勃起をさせると刺激に対してすこし鈍くなると言われています。この少し鈍くなることで早漏改善の効果もあると言われています。ちゃんと謳われているわけではないのですが、バイアグラや、シアリスでも同様の効果が表れていると言われています。勃起不全に早漏防止と男としては願ったり叶ったりですね。

レビトラの副作用

首をかしげる女性

レビトラもやはり薬なので副作用があります。
レビトラには血管を拡張させる効果があり、この効果によって副作用が起こります。
血管が拡張されることで起きる副作用なので、通常そうなってもおかしくないような副作用です。

■火照り

血管を拡張させて血液を多く運ぶ為に体温があがり、顔や頭の火照りをが出てきます。また、頭部以外の部分も熱をもち火照ってきます。

■頭痛

頭部の血管が拡張し、血流をよくする為に頭痛が起きます。

■動悸

血管を拡張させると血圧が下がります。血圧が下がると心臓は血圧を上げる為により多くの血液を流そうと強く作用し始めます。その動きにより脈が速くなります。
脈が速くなるので動悸として体に現れます。

■鼻づまり

鼻の粘膜には血管網があり、血管を拡張することで鼻の空気が通るすきまを狭くしてしまい、鼻づまりが起きます。

このような現象が主なレビトラの副作用となっています。他にも多々あるのですが、主に報告があるのが上記となっています。しかし、実はこの副作用はほとんどの人は実感が無いようです。なんとバイエル薬品の調査結果では1%にも満たないくらいしか報告がないようです。

このようにレビトラは副作用自体は報告されていて、副作用があることを謳っているのですが、ほとんどの人は副作用がでていないようで、とても安全な薬だということが分かります。だからといって副作用が現れて重いようでしたら服用は止めて医師に相談しましょう。

レビトラの飲み方

薬の飲み方

レビトラは食事の影響やアルコールの影響が受けにくい薬ですのでレストランに行って、行為の前に服用する場合が多いと思います。しかし、基本的には空腹時に飲むんだ方が最大限の効果を引き出すことができるので、服用するなら空腹時の方がお勧めです。また、即効性があるという特徴をもつレビトラですが、食べて飲んでのあとだと効果が現れるのが遅くなる場合があります。

食事の後は30分から1時間くらいの時間を空けた方が効果がちゃんと得られます。また、実際に薬の効果が最大限現れるのは一時間後と言われています。なので15分から30分くらいで効果が出るって言われていても服用する際は食事をする時間から考えて余裕を持って服用した方が損はしないでしょう。

また、グレープフルーツ等の柑橘系のジュース等で飲んでしまうと思わぬ落とし穴があります。グレープフルーツにはフラノクマリン酸という酸が含まれていて、この成分とレビトラを併せてしまうと通常よりも多くバルデナフィルを体内に吸収してしまい、効果も増えますが、副作用にも影響があり、より強く副作用がでてしまいます。そうすると普段でてこないような副作用まで発生してしまい、せっかくの薬がだいなしになってしまいます。

レビトラもやはり薬なのでちゃんとした知識を持っていないと、個人輸入でせっかく輸入した物の効果を引き出すことができずにお金と時間と労力を無駄にしてしまいます。ちゃんと把握をして正しく使いましょう。

食事の影響

レビトラには食事の影響を受けにくいと特徴があります。レビトラに含まれている有効成分のバルデナフィルは水に溶けやすいとい性質をもっております。この特徴により、食事をとってもそれに邪魔をされることがなく効果が発揮され、とても人気を博しています。アルコールの影響も受けにくい為、デートで食事をし、行為前に飲むというコースにピッタリな薬です。ただ、食事の取り過ぎや、脂っこい物を食べたり、アルコールも飲み過ぎると効果が減るのでご注意ください。

併用禁忌

レビトラは血管を拡張させ、血流を早くさせる薬です。レビトラも薬なので併用すると思わぬ健康被害に合い、とても深刻な状態なる場合もあります。

併用禁忌一例

■硝酸系
  • ニトログリセリン
  • アイスラール錠
  • ニコランジス錠 等
■抗ウイルス薬(HIV治療薬)
  • インビラーゼカプセル
  • カレトラ・ソフトカプセル
  • ノービア・ソフトカプセル
  • テラビック錠 等
■内服の抗真菌薬
  • イコナゾンカプセル
  • イトラコネート
  • ケトコナゾール
  • トラコナ錠 等
■抗不整脈薬
  • アジマリン錠
  • アミオダロン塩酸塩錠
  • シベノール錠
  • 硫酸キニジン 等

上記のような薬と併用すると思わぬ事故に合ってしまいます。服用している薬があれば併用できるか確認をし、不安な場合は医師に相談をして正しく使用しましょう。

併用注意

レビトラを服用する時のもう一つ気をつけなければいけないことが、併用するとべつの副作用を強くしてします物があるということです。まず有名なのが、グレープフルーツです。

グレープフルーツにはフラノクマリン酸という成分が含まれていて、薬を代謝させていく酵素のシトクロムP450の働きを阻害する効果があります。
その為、本来は薬の効果とシトクロムP450が効果を減らす働きを行いちょうどよい状態になりますが、フラノクマリン酸を取ることにより代謝が阻害され、必要以上に成分を吸収してしまい、強い副作用となって表れるのです。

主に柑橘系がフラノクマリン酸を含んでおり、

  • レモンの果皮
  • 夏みかん
  • ライム
  • ざくろ 他

上記のような主に柑橘系の商品ですので、服用前にはそういった商品を摂取することを控えましょう。 

レビトラジェネリックの紹介

レビトラジェネリック

レビトラはバイエル薬品が開発したバルデナフィルを使用した始めての薬で、バイアグラ、シアリスと共に3大ED治療薬の先発薬として知られています。

先発薬は研究開発費が掛かっている為、高価な商品となっています。その為、似た安い薬が出てきて、研究開発費を掛けて作った会社が損をしないように特許を持ち、権利を守っています。その特許が切れると、同じ成分を用いた安い商品【ジェネリック薬品】を製造してよくなり、色々な会社が同じ成分の安い商品を販売し始めます。
レビトラにもジェネリック薬品がでていて、すでに多数販売されています。

下記がレビトラのジェネリック薬品となっております。

■バリフ

アジャンタファーマ社

■ジェビトラ

サンライズレメディ社

■サビトラ

サバメディカ社

■ブリトラ

センチュリアン社

上記の商品はすべてバルディナフィルを主成分とした薬となっていて、主な効果や特徴、副作用はレビトラとほとんど同じ物になります。
ただ、製造会社が違う為、製造方法などすべてが同じというわけではないので、レビトラは効くが、バリフは効かないとか、バリフは効くがジェビトラは効かない等、個人の体質や体調で効果哉副作用の現れ方が変わってきます。
自分に一番合うのはどれかと探すのも楽しみのうちの一つですね。

レビトラジェネリックの製造中止

ジェネリック薬品は先発薬と同じ効果が期待できる薬で、先発薬よりもとても安価に商品を手に入れることができます。しかし、インドで製造されているレビトラのジェネリック薬品はのバリフは現在製造中止となってしまいました。これは特許をもっているバイエル薬品がバリフを製造販売していたアジャンタ・ファーマ社を訴えて、製造を停止させたからです。

以前のインドの法律では製造方法に特許がなかったので、同じ成分の物でも製造方法を変えれば特許に関係なく製造することができました。しかし、法律が変わり特許に則った形で製造しなくてはならなくなり、今までのように製造することができなくなってしまいました。インドで製造されていたレビトラのジェネリック薬品は法律が変わる前から製造されていたので、そのまま製造を続けていたのですが、法律変更後にバイエル薬品が新たに特許を付けくわえたことで、インドで製造されていたレビトラのジェネリック薬品の製造が違法となり、製造が中止となってしまったのです。

そして、バリフを製造していたアジャンタ・ファーマ社を訴えて、バルディナフィルを含む医薬品の製造を中止させたのです。バイエル薬品としては今まで勝手に製造販売されていたので、今回の法律改正を機に自分たちの特許を守ろうとしたのですね。

下記の商品が製造中止となってしまいました。

製造中止のジェネリック薬品
  • ジェビトラ
  • スーパージェビトラ
  • ジェビトラゼリー
  • バリフ
  • バリフゼリー

ただ、全部製造停止となっているわけではなく、今回の件はとても人気のあったバリフをターゲットにしたようで、ブリトラ、サビトラ、シルビトラはまだ製造されています。また、レビトラの特許は2024年頃に切れるのではないかと言われていますが、残念ながらその間はバリフを製造することはできません。特許が切れた時にバリフは再製造というかたちで戻ってくるのでしょうか?期待して待っていたいですね。

レビトラの購入方法

通販画面

レビトラは日本でも認可されているED治療薬です。

なので通常は医療機関より処方して手に入れることができます。しかし、医療機関から購入する場合は診察することとなり、時間がかかったり、診察料が掛かってしまう為、1錠あたりの単価が高くなってしまいます。もっと安く欲しい、いちいち診察してもらうのがメンドクサイ、病院に行くのが恥ずかしい、そんな時に利用するのが個人輸入代行サイトです。

個人で海外の薬を輸入する場合は自分で使うということを前提条件として、処方箋がなくても購入することができます。そうすると、わざわざ出かけなくても購入できる、値段も安く購入ができる、人にみられるわけではないので安心して買える。このようにとても便利で安く購入することができます。

個人輸入代行なんていうととても難しそう、輸入ってことは英語が使えないとダメ?といったイメージがでてくると思いますが、日本向けのサイトだと、面倒な輸入の手続きや、現地での商品の調達を代わりになってくれるんですね。なので普通の通販サイトのような感覚で商品を購入することができます。

ただ、あくまで個人輸入ですので、責任はすべて自分になります。医療機関に行って体質を確認してもらい処方してもらうわけではないので、せっかく買ったのに効かないなんて場合もあります。

効果がでないから偽物だ!とサイトに連絡しても、トラブルになるだけで、解決はしないでしょう。

通販での注意点

実際に個人輸入代行サイトを利用するにあたっては色々と注意が必要です。

まずはすべて自己責任であること。

通常の通販と違い個人輸入になるので、基本的に返金やキャンセル、クーリングオフ制度も適用外となっています。ちゃんと購入する商品を見定めてから購入しましょう。

また、サイト自体色々あります。変なサイトで購入すると偽物が送られてきて、効果が無かったり、思わぬ健康被害あったりしてしまいます。また、お金を振り込んだのに商品が届かない、違うものが来たなんてこともあります。ちゃんとしたサイトを口コミ等で確認をして、失敗をしないようにしましょう。

また、薬の効果も自己責任になります。医療機関で処方をしてもらうわけではないので、せっかく買ったのに効かないといった場合もあります。その時に効かないから偽物だと思って、サイトとトラブルとなり、高いお金を使って成分鑑定したら本物だったなんてこともあります。

通販のように気軽に使えるようになっておりますが、すべて自己責任であることを念頭入れておきましょう。

レビトラまとめ

レビトラ

レビトラはバイエル薬品が製造販売を行っている、バルディナフィルを使用した初めての薬です。様々な特徴があり、即効性があり、食事の影響も受けない、アルコールも大丈夫と、その特徴が他の先発薬にはない物となっているので、とても人気の高い薬となっております。

日本では認可されている薬なのでちゃんとした医療機関より購入ができ、自分の体質とかと照らし合わせて購入ができます。ただ、医療機関がメンドクサイ、やっぱり診察があるので割高になっちゃう、といったことを考えるのであれば、個人輸入代行ノサイトでも購入することができます。あとは、併せてはいけない薬や、食べ物をしっかりと確認をして、受けなくていい健康被害を受けないようにしたいですね。正しい知識を持って購入し、正しく服用すれば失敗することもないですし、楽しいナイトライフを手に入れることができるのではないでしょうか?興味がある方は是非一度お試しください。